サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

コラム ブエルタ・ア・エスパーニャ2017

ミゲルアンヘル・ロペス、未来を背負ったスーパーヒルクライムとは?

2012年以降のグランツール総合優勝者を振り返ってみた。

2012年
 ジロ:ライダー・ヘシェダル
 ツール:ブラッドリー・ウィギンス
 ブエルタ:アルベルト・コンタドール
2013年
 ジロ:ヴィンチェンツォ・ニーバリ
 ツール:クリス・フルーム
 ブエルタ:クリス・ホーナー
2014年
 ジロ:ナイロ・キンタナ
 ツール:ヴィンチェンツォ・ニーバリ
 ブエルタ:アルベルト・コンタドール
2015年
 ジロ:アルベルト・コンタドール
 ツール:クリス・フルーム
 ブエルタ:ファビオ・アル
2016年
 ジロ:ヴィンチェンツォ・ニーバリ
 ツール:クリス・フルーム
 ブエルタ:ナイロ・キンタナ
2017年
 ジロ:トム・デュムラン
 ツール:クリス・フルーム

このなかで、タイムトライアルをどちらかと言えば苦手とするタイプの選手は、ホーナー、キンタナ、アルの3人くらいで、あとはみなタイムトライアルを得意としている。
タイムトライアルを苦手とするクライマーによる総合優勝は17戦中4勝のみなのだ。

グランツールで勝つためには、タイムトライアル能力の高さが不可欠なのだ。
言い換えれば、タイムトライアルが不得意なピュアクライマー受難の時代だろう。
とはいえ、ホーナー、キンタナ、アルの3人は、フルームやデュムランに比べるとTTが苦手というだけで、決して能力が低いわけではない。
TTスペシャリスト的な脚質の持ち主が、高い登坂力を見せるようになったことで、ピュアクライマーが追い込まれているともいえよう。

この5年の間に、TTの距離が長い・短い、チームTTの有無、山岳TTの有無など、様々なパターンがあったが、個人TTで稼いだタイムが総合優勝に決定的な影響を与えている傾向は変わらない。
ウィギンス、フルームだけでなくデュムランの成功により、TTスペシャリストたちのグランツールレーサー転向が今後も相次ぐはずだ。
TTスペシャリスト系オールラウンダー台頭の流れは避けられないだろう。

では、今後のグランツール総合争いはTTスペシャリスト系オールラウンダーの独壇場となるのか。
わたしは、必ずしもそうとは限らないと思っている。

いや、そう思えるようになった。といった方が正確かもしれない。
この男の走りを目の当たりにしてから、考え方を改めようと思ったのだ。

ミゲルアンヘル・ロペス。
いま世界で一番上れるピュアクライマーだ。

スポンサーリンク

期待されしラヴニール覇者

ロペスは、コロンビア出身の23歳の選手だ。

2014年、20歳にして若手登竜門レースであるツール・ド・ラヴニールでステージ1勝&総合優勝&山岳賞という鮮烈な活躍を見せ、アスタナへの移籍を決めた。

Embed from Getty Images
 
2015年シーズン、プロデビュー戦のボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャでは、プロのスピードへの対応に苦しんだものの、ツール・ド・スイスでは早くも順応。
クイーンステージにあたる第5ステージで4位に入って、総合7位。
さらにブエルタ・ア・ブルゴス第4ステージで優勝し、総合4位&新人賞を獲得した。
グランツール前哨戦で、トップ選手たちと十分に張り合う非凡な登坂能力を示していたのだ。

2016年シーズンは更に飛躍を見せる。
ツール・ド・サンルイスでステージ1勝&総合4位&新人賞。
ツール・ド・ランカウイでステージ1勝&総合3位。
そして、ツール・ド・スイスでは総合優勝を果たした。まだ22歳にもかかわらずだ。

Embed from Getty Images
 
満を持して、同年のブエルタでグランツールデビューを飾ったものの、初日のチームTTではメカトラが発生して大幅にタイムロス。
第6ステージでは落車して負傷リタイアと全く良いところが見せられなかった。

怪我が癒え、臨んだイタリア・秋のワンデークラシックシリーズ。
ミラノ〜トリノで優勝したものの、出場した7レース中完走できたのはそのミラノ〜トリノのみだった。
さらにオフシーズンのトレーニング中に、脛骨骨折の重傷を負ってしまう。
シーズン前半に飛躍を見せたものの、後半は怪我との戦いに追われた。

2017年は、治療が長引いてしまい、レースに復帰したのは6月のことだった。
復帰2戦目、得意のツール・ド・スイスでは一時は総合10位を走り、復活をアピールしていたが、第5ステージで落車して指を骨折しリタイアとなった。

だが、わずか半月でレースに復帰すると、ツアー・オブ・オーストリアでステージ1勝&総合3位となる。
さらにブエルタ・ア・ブルゴスでもステージ1勝&総合4位の好成績を収め、いよいよ2度目のグランツールに挑んだ。

ブエルタでステージ2勝

第3ステージでトップから1分14秒、第5ステージでフルームら総合上位勢から55秒遅れるなど、第5ステージ終了時点で2分52秒遅れの総合25位と調子がいまいちな様子だった。

ところが、第11ステージで凄まじい走りを見せた。
強風が吹き荒れるカラール天文台の上りで単独アタックを決めて、ステージ優勝を飾ったのだ。

さらに、第14ステージの超級山岳ラ・パンデラでも集団からアタックして、ステージ2位。
第15ステージのシエラ・ネバダの超級山岳フィニッシュステージでは、残り25kmを残した上りの麓でアルベルト・コンタドールと共に集団から抜け出し、コンタドールを置き去りにして独走逃げ切り勝利をあげた。

Embed from Getty Images
 
ここまで2つの超級山岳で、誰よりも早く上りきっている選手が、ロペスなのだ。

"スーパーマン"ロペス

そんなロペスのニックネームは「スーパーマン」だ。
16歳の頃、治安が不安定な地元コロンビアでトレーニング中、自転車強盗に遭遇。
ロペスは脚にナイフを刺されながらも、自転車を守り抜いたことから、「スーパーマン」と呼ばれるようになったそうだ。
ジュニア時代のロペスはまさに「スーパーマン」のように、コロンビアの上り坂を飛び回っていた。

素質十分なロペスは、今回のブエルタでいよいよ才能を開花させたといえよう。
突出した登坂力は、フルームをして「警戒すべき相手」としてニーバリ、コンタドールと同格と見られるようにまでなった。

とはいえ、ロペスとフルームのTT能力の差はとても大きい。
実際にロペスがフルームの総合を脅かす可能性は低いだろう。

それに総合タイムが開いていたことで、逃げ切りが容認された側面もあるし、結局2つのステージでフルームから稼ぎ出したタイムは、51秒にすぎない。
まだまだ上りだけで勝ち切ることは到底難しい状況だ。

だが、それでも超級山岳2連戦で見せたロペスのスーパーなヒルクライムには、大いなる可能性を感じさせられた。
TTでタイムを稼いで勝つ時代に、純粋に上りでタイムを稼ぐ戦い方を見せるロペス。
まだ23歳ということもあり、伸びしろも十分にある。

彼の登坂能力が真の覚醒を見せたとき、TTスペシャリスト系オールラウンダーを上りでなぎ倒して総合優勝を果たす時がくるのかもしれない。

残る超級山岳はあと2つ。
第17ステージのロス・マチュコスと、第20ステージのアングリルだ。

特にアングリルは、今大会最も難易度の高い上りとなっている。
延々と勾配15%を越える区間が登場することから魔の山とも呼ばれる。

だが、ロペスはスーパーマンだ。
アングリルに潜む魔物を、スーパーヒルクライムで打ち倒すだろう。

ピュアクライマーの想いを背負って、戦えミゲルアンヘル・ロペス!

Rendez-Vous sur le vélo…

スポンサーリンク

-コラム, ブエルタ・ア・エスパーニャ2017