サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

コラム ツアー・オブ・ジャパン2017

ツアー・オブ・ジャパンは、ニューヒーローの発掘現場だ!

2007年、チーム・コニカミノルタのクリス・フルームは伊豆ステージで優勝した。
この走りが注目されたためか、翌年からはイギリスのプロコンチネンタルチームであるバルロワールドへ移籍を果たし、ツール・ド・フランスに初出場している。
2011年のブエルタ・ア・エスパーニャで、ファン・ホセ・コーボとの激闘を繰り広げトップレーサーへと成長していった。

2010年は初日の個人TTを制したジャイコ・スキンズのマイケル・マシューズは、全7ステージで一桁順位を記録して総合4位。
同年の世界選手権U-23ロードチャンピオンとなっている。

2012年、美濃ステージで優勝したチームNIPPOのマクシミリアーノ・リケーゼは、同年のツール・ド・熊野でもステージ1勝&ポイント賞1位、ツール・ド・北海道ではステージ2勝&総合優勝を果たし、翌年からワールドチームのランプレ・メリダに移籍している。

2013年、TOJはUCIカテゴリー2.1へと昇格し、ワールドチームも参戦するなか、伊豆ステージで勝ったのはジェネシス・ウェルス・アドヴァイザーズのネイサン・アールだ。
翌年からチームスカイへ移籍し、今年は2013年以来のツアー・オブ・ジャパンを走っている。

2015年、伊豆ステージで勝利しポイント賞1位にもなったランプレ・メリダのヴァレリオ・コンティは、翌年のブエルタでステージ優勝をあげている。

TOJことツアー・オブ・ジャパンで名を上げ、飛躍していったレーサーは多いのだ。
フルームは当時22歳、マシューズは当時20歳と、いまのスター選手の若手時代の活躍が目立ってはいるが、
リケーゼのように、当時29歳と選手として脂の乗っている時期に活躍したことで、再飛躍を遂げた選手もいる。

若手と中堅、2つの観点から今大会注目の選手を3人紹介したい。

スポンサーリンク

ステージ3勝&ポイント賞のマルコ・カノラ

ツアー・オブ・ジャパンを観戦した人なら誰もが注目するであろう選手がNIPPOヴィーニファンティーニのマルコ・カノラだ。
2014年ジロ・デ・イタリアでステージ優勝の経験があり、28歳と脂が乗った時期に差し掛かっている選手だ。

華々しい実績を持っているが、意外にもワールドチームに所属した経験はない。
2012〜2014年まではイタリアのバルディアーニで、2015・2016年はアメリカのユナイテッドヘルスケア、そして今シーズンからはイタリアのNIPPO・ヴィーニファンティーニに所属している。
いずれもプロコンチネンタルチームだ。

ツアー・オブ・ジャパン3勝のインパクトは非常に大きい。
しかも勝ち方がとても良いのだ。

2戦目の京都ステージでは、最終周回のダウンヒルを利用して単独アタックを決める。
残り10km以上を独走して逃げ切り勝利を飾るという派手で強い勝ち方だった。

3戦目のいなべステージでは、登りスプリントを制して2勝目をあげた。
しかし、ゴールスプリント以上にカノラの強さに衝撃を受けたシーンは、最終周回の最も傾斜が厳しい登りで前年度総合優勝のTeam UKYOのオスカル・プジョルがアタックしたシーンだ。

プロトンの誰もがプジョルのアタックを警戒する中で、一番苦しい激坂区間でのアタックは完璧なタイミングだった。
完全に決まったと思われたその刹那、プロトンから一人追いかけるオレンジ色ジャージの姿があった。
そう、カノラのみが、プジョルのアタックについていけたのだった。

カノラよりスプリント力で劣るプジョルは、追いつかれたことで逃げ切りを狙いにくくなった。
その後、集団に引き戻されゴールスプリントに持ち込んでから、カノラが勝ったのだ。

カノラには一人でプロトンを制圧する力があると確信した瞬間だった。

5戦目の南信州ステージでは、自ら先頭に立って集団をペースアップするシーンも見られ、逃げをコントロール。
狙い通り、ピュアスプリンターをふるい落としてから、集団スプリントに持ち込んで勝ち切った。

7戦目の伊豆ステージでは、終盤に単独で逃げ集団へのブリッジを試みる。
獲得標高3700mに達する超難関コースにも関わらず、カノラのペースは落ちなかった。
この日ステージ優勝したキナンのマルコス・ガルシアに追いつくことは出来なかったが、ステージ3位でフィニッシュ。
ゴールした瞬間の出し切ったカノラの姿がとても印象的だった。

というように、カノラはひたすら強かった。
自分でレースを動かし、しっかり勝ち切る姿はアルデンヌクラシックの王であるフィリップ・ジルベールを彷彿とさせた。

ワールドチームが放っておくはずがない逸材だ。
近い将来、ベルギーのクラシックで勝利を収め、ツール・ド・フランスでポディウムに立つ姿がありありとイメージできる。

端正な顔立ちも魅力なアタッカー、イヴァン・ガルシアコルティナ

富士山ステージまで新人賞ジャージを着用していたバーレーン・メリダのイヴァン・ガルシアコルティナにも注目したい。
ガルシアコルティナは、昨年エティックス・クイックステップのトレーニーとしてデビューした21歳のスペイン人選手だ。
端正な顔立ちをしており、今後女性人気も増えそうだ。

非常に攻撃的な走りを持ち味としており、現段階ではスプリント力も登坂力もある程度持ち合わせたパンチャーと言える脚質を持っている。
ネオプロである今シーズンは、ベルギーのワンデークラシックレースに数多く参戦している。
シュヘルデプライスでは最後まで先頭集団に残り、ゴールスプリントに絡んで11位という成績を収めている。

カノラがアルデンヌクラシック向きのパンチャーなら、ガルシアコルティナはフランドルクラシック向きのパンチャーかも知れない。
とはいえ、21歳の選手なので今後の成長がまだまだ期待できるし、脚質を決めつけるのはまだ早い。

ツアー・オブ・ジャパンでは、自らアタックをかけるシーンが目立っていた。
結果的にはアタックが実ることはなかったが、そのまま集団スプリントに絡んで上位フィニッシュするタフさは目を引くものがあった。

さらに、伊豆ステージではウィリー走行しながらフィニッシュするお茶目なシーンも見せていたし、自身のインスタグラムには浴衣を着ておどける姿もアップされていた。

おちゃらけたキャクター性もとても良いし、アグレッシブな走りにも大いに好感が持てる。
ハンマーシリーズにも参戦するので、ガルシアコルティナの積極的な走りを期待したい。

世界レベルの選手たちと互角の走りを見せていた岡篤志

最後は、我らが日本人から宇都宮ブリッツェン・岡篤志に紹介したいと思う。

ガルシアコルティナと同い年の21歳。
昨年までは弱虫ペダルサイクリングチームの一員として走り、国内アマチュアレースの最高峰・Jエリートツアーで総合優勝を果たした選手だ。

今シーズンからは宇都宮ブリッツェンに移籍して、Jプロツアーを主戦場としている。

ツール・ド・とちぎ第1ステージでは2位に入り、総合成績は6位。
表彰対象ではなかったが、23歳以下の選手では最も良い総合順位となっている。

好調を維持して臨んだツアー・オブ・ジャパンでは、初日のプロローグでは日本人最高順位の8位。
続く2戦目の京都ステージでは、終盤にパンクしてしまい戦線離脱したところから集団復帰に脚を使ったにもかかわらず、日本人最高順位の4位に滑り込んでいる。
もしパンクが無ければ、ステージ優勝もあったかもしれない。

3戦目のいなべ、4戦目の美濃はそれぞれ日本人では2番目の順位となる14位・8位でフィニッシュしている。
5戦目の南信州ステージではバッドデーを迎えてしまい、山岳ステージでは目立った活躍は出来なかったが、大会前半で並みいる世界の強豪を相手に互角の勝負をしている姿は強烈なインパクトを残した。

日本人選手の苦戦が目立った今年のツアー・オブ・ジャパンで、間違いなく輝いていた日本人選手の一人である。

今後は、日本代表強化指定選手にも選出されているため、ブリッツェンでの活動に加えて、浅田監督率いる日本代表チームの一員として海外のレースにも参戦するそうだ。

スポーツシーンではいつだって外野のファンは勝手な期待を寄せるものだ。
一人のサイクルロードレースファンとして、若手日本人選手の活躍を見るのはとても楽しみなことなので仕方がない。

過剰な期待をかけるつもりは全くないのだが、今後の活躍を期待して注目していきたい。

※参考にしたサイト

岡篤志公式ブログ「あの丘の上まで」

岡篤志「地の底から世界へ連れ出してくれた自転車競技」 - cyclowired

まとめ

無論、ここで紹介した選手だけでなく、印象的な走りをしていた選手もいるし、今後に期待したい選手もいる。
誰が凄いのか、誰が今後ブレイクするのか、ということよりも、今後世界で活躍するかもしれない選手を日本国内で間近に見ることが出来ることがツアー・オブ・ジャパンの最大の魅力だと考えている。

その気になれば、現地観戦して選手と直接コミュニーケーションを取ることも出来るし、サインや写真をおねだりすることも可能だ。

世界に繋がるレース。
それがツアー・オブ・ジャパン。

今は世界への登竜門レースの位置づけであったとしても、今後とも大会の発展のためにあらゆる角度から注目していきたいと思う。
ゆくゆくはワールドツアーに昇格する日を夢見ながら。

Rendez-Vous sur le vélo…

スポンサーリンク

-コラム, ツアー・オブ・ジャパン2017