サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

イツリア・バスクカントリー2018

イツリア・バスクカントリー(ブエルタ・アル・パイスバスコ、バスク一周レース)プレビュー!

2018/04/04

コースプレビューのまとめと、注目選手について書きました。

スポンサーリンク

コースプレビュー

注目選手

★ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)

バスク出身の選手ということで、慣れ親しんだ激坂にも余裕を持って対応できるだろう。

★ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)

上った数だけダウンヒルがあるようなコースレイアウトなので、ダウンヒルが得意なバルデには有利か。

★ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)

前日にロンド・ファン・フラーンデレンを完走して、臨むステージレース。疲れているのか、良いトレーニングになっているのか、少なくとも今季好調であることは間違いないだろう。

★リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)

ダウンアンダーのウィランガヒルでは勝利したものの、今シーズンはいまいちパッとしないポート。そろそろ本領発揮を見てみたい。

★ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップ・フロアーズ)

悲願のアルデンヌクラシック勝利に向けて、難なく激坂をクリアする姿を是非とも見せておくれ!

★ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)

ニーバリと同様に前日にロンド・ファン・フラーンデレン完走している。今季はステージレースで総合優勝2回飾っているが、激坂への対応はどうだろうか。TTで稼いだタイムを守ることができれば、ステージレース3連勝も見えてくる。

★マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム・サンウェブ)

上れるスプリンターは、アルデンヌクラシックを狙える脚質も持っている。だが、今季はここまで目立った活躍はなし。アムステルゴールドレース、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュに向けて仕上がりを要チェックだ。

スポンサーリンク

-イツリア・バスクカントリー2018