サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

ロード世界選2016

ロード世界選、フランス代表レビュー【男子エリートロードレース】

2016/10/06

ロード世界選に向けて、フランス代表のメンバーが発表されました。

Bouhanni and Demare headline French team for World Championships

過去に確執があったと言われている、ナセル・ブアニとアルノー・デマールのダブルエース体制に注目です。

スポンサーリンク

ロード世界選2016 フランス代表メンバー

Nacer Bouhanni (Cofidis)

ナセル・ブアニ(コフィディス)
アルノー・デマール(FDJ)
クリストフ・ラポルテ(コフィディス)
ヨアン・オフレド(FDJ)
エイドリアン・プティ(ディレクトエネルジー)
シリル・ルモワンヌ(コフィディス)
ウィリアム・ボネ(FDJ)
ジェフリー・スープ(コフィディス)
マルク・サロー(FDJ)

・リザーブメンバー

ブライアン・コカール(ディレクトエネルジー)
アレクシス・グジャール(AG2R)
アンジェロ・トゥリク(ディレクトエネルジー)
フロリアン・セネシャル(コフィディス)
ジェレミー・ロワ(FDJ)

メンバーレビュー

スプリント力:★★★★★
トレイン形成力:★★★★☆
集団コントロール力:★★★☆☆

ブアニの所属するコフィディスから4名、デマールが所属するFDJから4名、間をとってディレクトエネルジーから1名という構成です。まるで1チーム内に2つのチームがあるかのようです。

ブアニは今季好調で、ワールドツアーカテゴリーで4勝しています。デマールは2勝ですが、『ミラノ〜サンレモ』を制しています。

共に実力伯仲と言える間柄ですが、実は2014年まで2人はチームメイトでした。

当時の実績では、ブアニの方がやや上かと思われていましたが、チームはデマールを優遇し、2014年の『ミラノ〜サンレモ』『ツール・ド・フランス』のメンバーからブアニを外します。

これが契機となり、ブアニは移籍を決意して現在のコフィディスに移籍したと言われています。

という微妙な空気感が、チーム崩壊の危機をはらんでいますが、お互いのチームメイトを4名ずつ招集して、バランスを取ってきました。

コフィディスのラポルテはスプリンター、スープはスプリンター兼ルーラー、ルモワンヌはパンチャー的な脚質を持っています。

ツール・ド・フランスでは、負傷欠場したブアニに代わってエーススプリンターを務めていたラポルテが、ブアニの最終発射台を担うことでしょう。

FDJのボネとサローはスプリンターで、オフレドはパンチャー的な脚質を持っています。

ボネは実績のあるベテランで、デマールの良き相棒となることでしょう。

プティは、スプリント力の高いパンチャーと言った脚質で、無難に考えればルーラー的な仕事をすることになるのか、デマールかブアニのどちらをアシストするのかにも注目してみたいです。

おそらくは、デマールがブアニをアシスト、またはブアニがデマールをアシストすることにはならないと思うので、2人のエースがそれぞれのトレインを組んでスプリントを狙う展開になるのかなと思います。

個人的には、ブアニへの期待度は★5つで、デマールへの期待度は★4つです。

そして、ブアニとデマールのために、メンバーから外れたコカールが不憫でなりません。

スポンサーリンク

-ロード世界選2016