サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

ロード世界選2016

ロード世界選、イタリア代表メンバー【男子エリートロードレース】

ロード世界選に向けて、イタリア代表メンバーが発表されました。

Viviani, Nizzolo to co-lead Italian team at Doha World Championships

エリア・ヴィヴィアーニとジャコモ・ニッツォーロのダブルエースで挑みます。

スポンサーリンク

ロード世界選2016、イタリア代表メンバー

エリア・ヴィヴィアーニ(チームスカイ)
ジャコモ・ニッツォーロ(トレック・セガフレード)
ダニエーレ・ベンナーティ(ティンコフ)
ファビオ・サバティーニ(エティックス・クイックステップ)
ジャコポ・グアルニエーリ(カチューシャ)
マッテオ・トレンティン(エティックス・クイックステップ)
マヌエル・クインツィアート(BMCレーシング)
ダニエル・オス(BMCレーシング)
ソニー・コルブレッリ(バルディアーニ・CSF)

・リザーブメンバー(が濃厚)

マルコ・コールダン(トレック・セガフレード)
フィリッポ・ポッツァート(ウィリエール・サウスイースト)

メンバーレビュー

スプリント力:★★★★☆
トレイン形成力:★★★★★
集団コントロール力:★★★★☆

ヴィヴィアーニのニッツォーロのダブルエース体制が濃厚です。

ヴィヴィアーニは、チームスカイのエーススプリンターとしてだけでなく、リオ五輪でもイタリア代表としてトラック競技オムニアム部門でマーク・カヴェンディッシュを下して金メダルを獲得しました。

ニッツォーロは今シーズン好調で、ドバイツアー総合2位、ツアー・オブ・クロアチア2勝&ポイント賞、ジロ・デ・イタリア ポイント賞、イタリア国内ロード選手権優勝、コッパ・ベルノッキ優勝、そして直近に行われたジロ・デル・ピエモンテで優勝しています。

両者共に順調と言える今シーズンの戦績ではありますが、ワールドツアークラスのレースで勝てていない点が気になります。

二人を発射するトレインには、ベンナーティ、サバティーニ、グアルニエーリ、コルブレッリらが心強い存在となることでしょう。

ベンナーティはティンコフでは、ピーター・サガンを好位置に引き上げる仕事で非常に良い働きを見せていました。サバティーニは、マルセル・キッテルの最終発射台として活躍しています。グアルニエーリも、アレクサンダー・クリストフのトレインを形成する選手の一人です。コルブレッリは、プロコンチネンタルチームのバルディアーニ・CSFのエーススプリンターとして、9月のイタリアのワンデーレースで3勝をあげるなど調子は上々です。

トレンティンも、スプリンター・パンチャーの脚質を持っていて、ジロ・デ・イタリアでステージ優勝をあげています。

クインツィアートは、TTスペシャリストであり、オスと共にルーラー的な役割を果たすことになると思います。

恐らくリザーブメンバーとして濃厚なのが、TTスペシャリストのコールダンと、スプリンター・パンチャーのポッツァートです。

ダブルエースの二人のスプリント力は、『スプリンターカルテット』には及ばないかもしれませんが、アシスト陣が非常に豪華な布陣となっているので、上位入賞はもちろん、番狂わせの可能性にも大いに期待したいです。

スポンサーリンク

-ロード世界選2016