サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

選手情報

ミカル・クヴィアトコウスキー(Michal Kwiatkowski)【ポーランド、チームスカイ】

2017/07/13

スポンサーリンク

プロフィール

名前:ミカル・クヴィアトコウスキー(Michal Kwiatkowski)
国籍:ポーランド
チーム:チームスカイ

年齢:27才
身長:176cm
体重:68kg
脚質:オールラウンダー、パンチャー、クラシックスペシャリスト

主な戦績

2009年ポーランド国内U-23TTチャンピオン
2012年ツール・ド・ポローニュ総合2位
2013年ポーランド国内ロードチャンピオン
2013年ツール・ド・フランス総合11位&マイヨ・ブラン10日間着用
2014年ポーランド国内TTチャンピオン
2014年ロード世界選手権優勝
2015年パリ〜ニース総合2位
2015年アムステル・ゴールドレース優勝
2015年ツール・ド・フランス第2・12ステージ敢闘賞
2016年E3・ハーレルベルケ優勝

レビュー

アマチュアチームに所属していた2009年にポーランド国内のジュニアTTチャンピオンに輝きます。

翌年からカハ・ルラル1)スペインのプロコンチネンタルチームへ移籍を果たし、2011年はチーム・レディオシャック(現トレック・セガフレード)、2012年からはオメガファーマ・クイックステップ(現エティックス・クイックステップ)と目まぐるしく所属チームを変えます。

2013年ツールでオールラウンダーとしての片鱗を示しつつ、アムステル・ゴールドレース、フレーシュ・ワロンヌ、リエージュ~バストーニュ~リエージュなどのクラシックレースでも好成績を収めます。

すると、翌2014年に世界チャンピオンとなりました。

登坂力・スプリント力・TT力、更にダウンヒル技術も高く、全てをバランス良く兼ね備えた選手です。2016年ツールでクリス・フルームがダウンヒルでアタックを仕掛けましたが、あのダウンヒルの技術はクヴィアトコウスキーから教わったとのことです。

チームスカイでは、貴重なクラシックレーサーとしての活躍が期待されます。

References   [ + ]

1. スペインのプロコンチネンタルチーム

スポンサーリンク

-選手情報