サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

コラム

バウケ・モレマの境遇。アルベルト・コンタドールとのダブルエースは成立するのか?

2017/07/13

『マティアス・フランク、AG2Rに加入』
『モビスター、ダニエーレ・ベンナーティを獲得』
『新チーム、バーレーン・メリダはヴィンチェンツォ・ニーバリをリーダーに』
『エステバン・チャベス、2019年まで契約延長』

等々のニュースが、サイクルロードレース界を賑わせている。いずれも、グランツールで頂点を獲るための積極的な意気込みを感じるニュースばかりである。

移籍関連のビッグニュースと言えば、ピーター・サガンがボーラ・ハンスグローエに移籍を決めたことと、アルベルト・コンタドールがトレック・セガフレードに移籍を決めたことだろう。

コンタドールはヴィンチェンツォ・ニーバリ、クリス・フルーム、ナイロ・キンタナと、今年のグランツールを制した3名と並び、『ファンタスティック・フォー』と称されるなど、サイクルロードレース界のトップスターの一人である。

だが、トレック・セガフレードには、バウケ・モレマというオランダ人がいる。今年のツール・ド・フランスでは、第19ステージまで総合2位だったが、このステージで4分以上遅れてしまい、最終的に総合11位で完走した。厳しい山岳でも、フルームに喰らいつく走りを見せていた。ちなみに、例のモン・ヴァントゥではフルームと共にバイクカメラに激突している。

モレマの武器は登坂力だけでなく、TT力も非常に高い。つまりモレマは、コンタドールに匹敵するどころか上回るくらいのポテンシャルを持っている選手なのだが、知名度と実績では圧倒的にコンタドールの方が上だ。

すでにコンタドールは、来年のツール・ド・フランスに照準を合わせているとの報道もある。過去2年総合7位、11位となったモレマはツール・ド・フランスには出場できるのだろうか?

スポンサーリンク

モレマとコンタドールのダブルエースの可能性

2016年、モレマはツール・ド・フランスには出場したが、ジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャは欠場した。

ジロとブエルタでのトレック・セガフレードの総合成績は、ジロはリカルド・ゾイドル(デンマーク)が1時間57分12秒遅れの39位、ブエルタはアイマル・スベルディア(スペイン)が40分29秒遅れの19位が、それぞれ最高順位となっている。

モレマ以外に総合上位を狙える選手がフランク・シュレク(ルクセンブルク)とライダー・ヘシェダル(カナダ)の2人だけだったが、共に今シーズン限りで引退となった。総合を狙える選手の不在が、来季以降もワールドツアーを戦うチームにとって大きな弱点だったのだ。

コンタドールの獲得は、まさにチームのウィークポイントを補って余りある補強だったと言える。ディメンションデータやジャイアント・アルペシンがUCIポイントの獲得で苦しんでいたのは、総合を狙えるリーダーの不在が大きかったからであり、逆にUCIポイント上位のモビスター、チームスカイ、ティンコフに、それぞれ圧倒的リーダーが所属していたことは偶然ではない。

モレマとコンタドールは、2人で3つのグランツールを走り分け、それぞれ総合上位を狙う作戦を実施するものと思われる。

ところが、チームのマネージャーであるルカ・グエルチレーナは『ツール・ド・フランスで我々が戦うためには、最強のクライマーが全員、必ずそこにいる必要がある』と語っていた。

モレマとコンタドールの両名をツールに出場させることを、示唆している発言だ。

続けて、『我々はモレマのための大きなサポートを持っている。コンタドールが加入したことで、モレマは全てのレースで一人で責任を負う必要はなくなった』とも言っている。

やはり、ツールにはモレマとコンタドールの両名を出場させるのではないかと思う。チームのエースを務めているモレマに配慮して、このように「モレマがいて、コンタドールがいる」というニュアンスの発言をしているように思えるが、コンタドールは自身の信頼するアシスト陣を連れてトレックに移籍している。

コンタドールがツールに出場するとなると、このアシスト陣も出場するはずだ。となると、モレマは十分なアシストを受けられない可能性が出てくる。

近年、ダブルエース体制で出場したチームは、あまりうまくいっていない印象を受ける。単純に1人のエースを8人のアシストで支えるより、2人のエースを7人のアシストで支える方がアシスト陣の負荷が大きいのが、うまくいかない理由の一つだろう。

トレック・セガフレードは、せっかく強力なグランツールレーサーが2名いるのだから、ツールに集中させることなく、例えばモレマがジロとブエルタに、コンタドールがツールに集中して走れば、共に総合表彰台を十分に狙うことが出来るはずだ。

共倒れして、なし崩し的にジロとブエルタも失敗するような事態だけは避けてほしい。モレマとコンタドールの代わりとなる選手はいないのだから。

と、ネガティブな論調になってしまったが、来季のトレック・セガフレードには大いに期待している。

ジョン・デゲンコルブの獲得によって、春のクラシックを狙えるチームになり、ヤスパー・ストゥイフェンやファビオ・フェリーネも期待出来る選手だ。グレゴリー・ダニエルという生きのいいアメリカ人レーサーの加入も朗報だ。

来シーズンはトレック旋風を巻き起こせるだろうか。

Rendez-Vous sur le vélo…

・関連記事

ブエルタ2016の主役は『アルベルト・コンタドール』だったのか?

スポンサーリンク

-コラム
-,