サイバナ

これからサイクルロードレースの話をしよう。略して『サイバナ』。サイクルロードレースのレース結果やコラムなど、お届けします。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016

【ブエルタ2016 第19ステージ結果速報】フルーム、圧巻の走りで優勝!キンタナに1分21秒差に迫る!

クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)が異次元の走りを見せ、ステージ優勝をあげます。

ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)を2分16秒上回るタイムで、両者は1分21秒差にまで縮まりました。

スポンサーリンク

コースプロフィール

ブエルタ2016第19ステージ

総合上位陣スタート前まで

最初に好タイムをマークしたのは、イブ・ランパート(ベルギー、エティックス・クイックステップ)で47分59秒です。

今大会では、エーススプリンターのジャンニ・メールスマン(ベルギー、エティックス・クイックステップ)の発射台を務めたり、逃げに乗るなど存在感を示しています。

ビクトール・カンペナールト(ベルギー、ロットNLユンボ)がランパートに肉薄する、48分20秒のタイムを出しますが、21秒及ばず。

ランパートの記録を更新したのは、トビアス・ルドヴィグソン(スウェーデン、ジャイアント・アルペシン)でした。

第2計測ポイントではランパートから16秒遅れでしたが、最終的に47分57秒で23秒早いタイムを叩き出しました。

SS

そして、リオ五輪個人TT4位のホナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター)が出走します。

クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)に4秒差でメダルを逃しましたが、TT力に定評のあるカストロビエホの走りは一段階違いました。

中間計測からトップタイムを更新し続け、47分17秒とルドヴィグソンを40秒上回るタイムを記録します。

SS 1

チェコTTチャンピオンジャージを身にまとう、レオポルド・ケーニッヒ(チェコ、チームスカイ)は48分24秒でした。

そして、勝負の総合上位陣のスタートになります。

総合上位陣による争い

サムエル・サンチェス(スペイン、BMCレーシング)

SS 2

第1計測は18分29秒で10位、第2計測は32分36秒で9位と、まずまずの走りを見せていました。

しかし、ゴール地点にやってきたサンチェスは左半身が泥だらけで、まともに走行出来ないほどのダメージを受けて帰って来ました。

SS 9

53分2秒でステージ93位と沈みました。それ以上に、明日以降出走できるのかどうかが非常に心配です…。

アンドリュー・タランスキー(アメリカ、キャノンデール)

SS 3

第1計測は17位、第2計測は11位と、後半にペースを上げてきて、48分27秒でステージ7位でした。

サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・バイクエクスチェンジ)

SS 4

第1計測は23位、第2計測は30位、結果的に50分18秒でステージ32位でした。

タランスキーから2分近くタイムを失う結果となり、総合6位に一つ順位を落としてしまいました。

アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ)

SS 5

第1計測は3位、第2計測は4位、しかし後半は徐々に失速して、48分30秒でステージ8位でした。

SS 10

エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・バイクエクスチェンジ)

SS 6

第1計測は26位、第2計測は21位で、最終的に49分46秒でステージ24位でした。

SS 12

今後、グランツールレーサーとして活躍していくためには、もう少しTT力を強化する必要がありそうです。

コンタドールから1分16秒失い、総合4位に落ちました。

クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)

SS 7

第1計測ポイントから、カストロビエホのタイムを28秒上回る、異次元の走りを見せました。

第2計測も全くスピードが衰える様子はなく、ゴールまで突き進み46分33秒を記録しました。ただ一人46分台を記録して、ぶっちぎりでステージ優勝を決めました。

SS 11

SS 13

ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)

SS 8

第1計測は6位、第2計測は10位、そして48分49秒でステージ11位でした。

決して悪くはないタイムにまとめて来ましたが、あまりにもフルームが速すぎて、2分16秒も差を付けられてしまいました。

SS 14

個人TTのまとめと明日の第20ステージの展望

今日の成績を加味した総合成績は以下のとおりです。

SS 15

キンタナとフルームは1分21秒差、
コンタドールとチャベスは1分11秒差、
タランスキーとサイモン・イェーツは20秒差、
と総合1・2位、3・4位、5・6位同士の争いが非常に楽しみな展開となりました。

キンタナはずっと言っていたように、3分以上のリードを築いて個人TTに臨み、ある意味キンタナの予想通りに2分以上のタイムを失う結果となりました。

決して調子が良くはなさそうに見えるフルームも、最終決戦となる第20ステージを前に1分21秒差という決して大きはない差に抑えて来ました。

コンタドールとチャベスは、ここまでの山岳でのパフォーマンスを見るとチャベスに分があると言えますが、1分11秒という差は絶妙な差です。

ブエルタ2016第20ステージ

これが第20ステージのプロフィール図です。

2級山岳4つに加え、ラストは長い超級山岳の登りが待ち受けています。

Stage 20   Benidorm   Alto de Aitana. Air Force Squadron   La Vuelta 2016

距離21km・平均勾配5.9%・最大勾配13.3%です。

激坂という登りではありませんが、一定のペースで21kmの登りとなっています。

山岳賞争いも、非常に接戦となっています。

1位のケニー・エリッソンド(フランス、FDJ)は56pts、2位のオマール・フライレ(スペイン、ディメンションデータ)は53pts、3位のロベルト・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)は34ptsです。

2級山岳4つを先頭通過すれば20pts、最後の登りは15pts(のはず)獲得できます。

エリッソンドとフライレの一騎打ちと思われます。レース序盤から逃げを決めるアタックの攻防、山岳でのバトルと見どころ満載です。

総合バトルも、泣いても笑っても、これが最後の戦いとなります。

いよいよ2016年のグランツールも大詰め、最終決戦の日がやって来ます!

・関連記事

マイヨロホ争奪戦!クリス・フルームに逆転の秘策はあるのか?

第20ステージの展望(もはや妄想)を書いてみました。

スポンサーリンク

-ブエルタ・ア・エスパーニャ2016